駅周辺施設整備

プロジェクト名ペデストリアンデッキ 駅前広場 駐車場
仙台市/仙台駅西口ペデストリアンデッキ改修設計
荒川区/ひぐらしの里再開発公共施設整備事業
三鷹市/三鷹駅南口駅前広場整備事業
立川市/立川駅北口駅前デッキ設計
川崎市/鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発事業
川崎市/武蔵小杉駅南口地区東街区第一種市街地再開発事業
相模原市/相模大野駅<ペデストリアンデッキ設計
小田原市/小田原駅東口ペデストリアンデッキ施設設計
松本市/松本駅周辺自転車駐車場施設整備計画
上田市/上田駅お城口<ペデストリアンデッキ設計
愛知県/八草駅駅前施設整備に係る設計業務
大阪府/和泉府中駅市街地再開発事業
高知市/高知駅周辺整備計画検討業務
軽井沢町/中軽井沢駅および駅前広場関連道路
東京都/大塚駅北口駅前広場
東京都/京急蒲田駅西口駅前地区第一種市街地再開発事業
東京都/府中駅南口第一地区市街地再開発事業
日立市/大甕駅西口広場詳細設計業務
熊谷市/熊谷駅正面口駅前広場改修実施設計
岡崎市/東岡崎駅ペデストリアンデッキ詳細設計

  • 軽井沢町/中軽井沢駅および駅前広場関連道路

    駅舎/跨線橋と直結した図書館/交流施設建築物を町のシンボルとして街路の正面に配置し、交流施設と一体的にイベント運用ができるように前面に歩行者広場を設けています。

    その両脇に対称形になるように機能分離された交通広場を配置して駅を中心として町の賑わいの核となるようにコンセプトを立案し、設計を行いました。

  • 東京都/大塚駅北口駅前広場

    安全性が高く利用者に親しみのある空間となるように計画段階、基本設計から関わり、道路表面修景デザイン、モニュメント設計を協力会社と協働しながら、路上でのイベント実施が行いやすい駅前広場の詳細設計を行いました。

  • 東京都/府中駅南口第一地区市街地再開発事業

    再開発に伴う公共施設整備として駅前通り線と駅前広場の拡張整備であり、既往バス・タクシー等の運用を活かしながらの整備となるため施工順序・展開に配慮した詳細設計を行いました。

  • 日立市/大甕駅西口広場詳細設計業務

    大甕駅周辺地区整備事業による、JR大甕駅西口広場の一般車ロータリー、バスロータリーの設計を担当しました。

    バスロータリーは、BRTと路線バスの併設利用となっており、自由な運行形態が可能です。

    駅舎から一般車ロータリー、バスロータリーには、連続シェルターが設置され、雨に濡れずに駅構内へ移動することができます。

  • 熊谷市/熊谷駅正面口駅前広場改修実施設計

    ラグビーワールドカップ2019開催に向け、暑さ対策、環境、景観及びユニバーサルデザインに配慮した、熊谷駅正面口駅前広場の改修設計業務です。

    暑さ対策として、日よけ・雨除けの連続シェルターを設置するとともに、シェルターの庇にドライミストを配置しました。

    また、シェルターに変色可能なLED間接照明を設置し、景観に配慮しました。

  • 岡崎市/東岡崎駅ペデストリアンデッキ詳細設計

    東岡崎駅前広場及び周辺施設の利便性向上を目的にペデストリアンデッキの詳細設計を行った業務です。(2019年11月開通)

    徳川家康誕生の地であることを活かして、橋の上には日本最大となる約9.5mの徳川家康像を建造しています。

    銅像、デッキの形状、デザインなどは「東岡崎駅北口ペデストリアンデッキ作業部会」により、彫刻家や学識経験者と議論を重ね決定しています。